読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードについて悩んでいます。 現在「三井住友VISAゴールド」で、『

クレジットカードについて悩んでいます。 現在「三井住友VISAゴールド」で、『マイルが貯まる』と友人から勧められた「ANA VISAカード」との比較をしておりますが、日頃マイルを貯めていない為 いまいちピンときません。マイル・年会費 など総合的にどちらがお得なのでしょうか?(ANA VISAも一般やワイドゴールドなどありますが・・・) 決済額は年間200万程度でほとんどがショッピングで、1割程度は生命保険です。 ちなみに国内旅行は年に1度、海外旅行は2年に1度 程度です。 宜しくお願い致します。

>決済額は年間200万程度でほとんどがショッピングで 1年間決済してフル活用するとこうなります。 ・ANA VISA→アジア近距離1往復(羽田香港1往復)(年会費2000円+移行手数料6000円) ・マイレージプラスセゾン→羽田新千歳3往復(年会費7000円) or 成田グアム1往復+羽田新千歳片道1回 マイレージプラスセゾンというのは、セゾンが出しているユナイテッド航空のクレカです。ANA国内線が有利に飛べるシステムになっています。ANA国内線ですと、ユナイテッドのマイルを貯める方が効率がよいのです。 (欧米に飛ぶ場合は、ANA VISA、マイレージプラスは大差がありません。) 1マイル=2円とすると、還元率は ・三井住友ゴールド 0.5% ・楽天 1%(楽天市場では3%などアップ) ・ANA VISA 2% 年会費2000+移行手数料 ・マイレージプラス

3% 年会費7000 です。楽天ポイントANAマイルに交換できます。楽天市場では、ANA VISAよりも楽天カードで払った方がお得です。 >決済額は年間200万程度でほとんどがショッピングで、 そうすると三井住友は1万円分のポイントです。ANA VISAだと、4万円のポイントなので、年会費2000円+移行手数料6000円を払っても特になります。マイレージプラスだと6万円相当たまります。 楽天ポイント4万ポイントは多いと思うでしょう。しかしマイルではそれくらい大量に意味がないです。だから年会費を設定して、還元率を上げています。 ---------- あと、ANAJALには普通のゴールドカードがありません。ワイドカード(Club-A)というのは、たくさん搭乗する人向けのカードです。搭乗時に獲得するマイルがアップします。 ・東京福岡年20往復 ・

東京欧米年2往復 くらいで元が取れます。 そのゴールドバージョンがワイドゴールドです。あまり意味がないと思います。 ---------- あとANAのマイルは、ソラチカカードというANA JCBカードでたくさん貯める方法があります。これですと、ANA VISAの倍くらいたまることがあります。 欧米、ビジネス、ファーストクラスにはこれを使っている人が多いです。 ---------- 以上を書きましたが、どこで使いたいかによってマイルを変える必要があります。質問者様の場合、ユナイテッドのほうがいいかもしれません。

ヤフーカードを作りました。 ヤフーショッピング買い物をしたのですが 口座の引き落とし登録などはしてないのですが この場合振込用紙が送られてくるのでしょうか?

はい、送られて来ます。 その際の振込み手数料と振込用紙送付手数料として送付回数1回につき200円(税別)はお客負担になります。